ハッキングから会社情報を守ろう

無線LAN(Wi-Fi)の対策

無線LAN(Wi-Fi)の対策

企業のネットワークを有線LANではなく、Wi-Fiで無線化を検討されるケースがあります。LAN配線を無線化することで、オフィス内で場所を選ばずに作業ができることや、オフィスレイアウトの変更が容易になる、オフィスの景観が良くなる、といったメリットがあります。

しかしながら、無線LAN環境は、ハッキングのリスクがあるためセキュリティリスクがあるとも言われます。

今回の記事では、有線LANと無線LAN(Wi-Fi)の環境下におけるセキュリティを比較しながら、ハッキング対策について解説します。

▶目次

1、有線LANと無線LAN(Wi-Fi)の比較

無線LAN(Wi-Fi)の対策

有線LANと無線LAN(Wi-Fi)について、ハッキングリスクを含め、メリット・デメリットについて比較します。

有線LANのメリット

有線LANを無線LANと比較した場合のメリットは以下の通りです。

  • 通信が安定し、高速インターネット通信が行える
  • 万が一障害が起こった場合に、トラブルの箇所を特定しやすい
  • 比較的、導入コストを抑えられる

逆に言えば、これらは有線LANと比較した場合のWi-Fiのデメリットでもあります。

Wi-Fiのメリット

反対にWi-Fiのメリットとしては、以下のポイントが挙げられます。

  • 場所を選ばずに仕事ができる(フリーアドレス化)
  • モバイル端末をネットワークに接続できる
  • 導入の際に、配線工事が不要(ただし、ルータやAPの設定は必要です)

Wi-Fiのセキュリティ上の注意点

これらのメリットやデメリットの他に、Wi-Fiにはセキュリティ上の注意点もあります。
有線LANと異なり、無線LANの場合、電波を拾うことさえできれば誰でもネットワーク内に侵入できるため、セキュリティリスクが高いと考える人が多いです。

結論から言えば、無線LANのセキュリティ対策が進化しているため、有線LANと同等なレベルと言ってよいほどのセキュリティ対策を取ることは可能です。しかしながら、ハッキング対策などのセキュリティを施すには、高度な設定が必要となるため、有線LANとは異なる対策が求められます。

2、Wi-Fiのハッキング対策

無線LAN(Wi-Fi)の対策

無線LAN(Wi-Fi)のハッキング対策について解説します。

Wi-Fiのハッキングとは

Wi-Fiのハッキングリスクとは、第三者にネットワーク内に不正侵入されてしまうことによって社内の機密情報や個人情報が流出してしまうことです。

また、二次的にはSNSなどでのなりすましやIPアドレスの悪用(例えば、匿名掲示板での犯行予告などに使用されるケースが想定されます)がされるケースがあります。

Wi-Fiのハッキング対策とは

Wi-Fiのハッキング対策は具体的に以下の方法があります。

  • アクセスポイントを安全な場所に置く
  • 手の届く場所にアクセスポイントが設置されていると、アクセスポイントのLAN回線を引き抜いて社内のネットワークに接続されたり、アクセスポイントの機能を悪用されたりしてネットワークに侵入されてしまうリスクがあります。

  • 最新の認証・暗号化を採用する
  • 無線通信の暗号化によって、ハッキングによるネットワーク内の情報の盗み見のリスクを低減します。
    現在WPA2という規格が主流ですが、脆弱性が発見され新たにWPA3が公開されました。今後WPA3の規格が主流になると予想されます。重要なポイントは、最新のセキュリティ認証を施すことです。

  • 複雑なパスワードを設定する
  • 簡単なパスワードの場合、解析されて社内のネットワークに侵入されるリスクがあります。認証や暗号化をしているケースでも、パスワードは厳重にしておきましょう。

  • スタッフに対してWi-Fiの自動接続をしないように徹底する
  • スタッフのモバイル端末で社内のネットワークにログインしている場合、Wi-Fiの自動接続をしないように周知徹底しましょう。
    自動接続に設定されている場合、悪意のあるフリーWi-FiからログインIDとパスワードを抜き取られてしまう可能性があります。

  • アクセスポイントの脆弱性対策を行う
  • アクセスポイントのベンダーからファームウェアやパッチが公開された場合には、速やかに更新し、脆弱性の対策を行いましょう。

3、まとめ

この記事では、社内の有線LANと無線LAN(Wi-Fi)の比較をしながら、特に無線LANのハッキング対策についての解説を行っています。

有線LANであればハッキングのリスクが少ないというわけではありませんが、無線LANには特有のリスクがありますので、対策を施すことが重要です。

逆に言えば、適切な対策を取れば、Wi-Fi環境下でも有線LANの環境下と同等のセキュリティレベルを保つことができます。

オフィスの無線化を検討される場合には、これらにかかるコストや手間を踏まえながら、導入の検討をされることをおすすめします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です