ハッキングから会社情報を守ろう

スマホの対策はアプリとWi-Fi!

スマホの対策はアプリとWi-Fi!

ハッキング被害にあうリスクは、企業や重要なデータが入っているPCだけのものではありません。
例えば、個人で使用しているスマホにもハッキングリスクは存在します。

スマホに関するハッキングでカギになるのはアプリとWi-Fiです。ハッキングされてしまった場合には、個人情報の流出など甚大な被害につながる恐れがあります。

今回の記事ではスマホのハッキング対策について解説いたします。

▶目次

1、スマホのハッキング手口とは

スマホの対策はアプリとWi-Fi!

スマホに対するハッキングの手口について紹介します。
スマホに対するハッキングリスクは、大きく分けて2つ存在します。

不正アプリ

ユーザーの役に立つアプリと偽って不正アプリをダウンロードさせる手口があります。

例えば、バッテリー長持ちやセキュリティ対策、データ通信量の節約などのアプリと思わせておいて、実際にはユーザーの情報を流出させるようなサイトです。

アプリそのものが不正な動きをするケースと、アプリに不正なマルウェアやプログラムが仕掛けられている場合とがあります。

フリーWi-Fi

フリーWi-Fiの中には、セキュリティ対策が甘いものもあり、ハッカーたちがWi-Fi経由で情報の盗み見をもくろんでいる場合があります。あるいは、Wi-Fiそのものが情報の抜き取りのためにされているケースもあります。

Wi-Fi経由での情報の抜き取りは比較的簡単に行うことができ、ある実験結果ではハッカーは2分足らずでスマホへの不正アクセスに成功しました。

Wi-Fi経由のハッキングでは、その場での情報の盗み見の他に、不正なアプリを勝手にインストールさせ情報の抜き取りをもくろむケースがあります。

スマホがハッキングされたときの被害とは

スマホに対して、不正アクセスや不正アプリのインストールが行われてしまった場合には、以下のようなトラブルが生じます。

  • 個人情報の流出や盗み見
  • クレジットカードの不正利用やネットバンクからの不正引き出しなどの金銭的な被害につながるケースと、ストーキング行為やプライベート写真などの流出・悪用などの個人的な攻撃のケースがあります。

  • SNSなどの乗っ取り
  • SNSのアカウントが乗っ取られ、勝手に広告が投稿されたり、嫌がらせ行為が行われたりします。

  • ランサムウェア
  • スマホの画面がロックされ、解除するための金銭が要求されます。

2、スマホハッキングの予防と対策

スマホの対策はアプリとWi-Fi!

スマホに対するハッキングの予防と対策について紹介します。

スマホに対するハッキングの予防

スマホのハッキングを防ぐには、侵入原因であるアプリのインストールとWi-Fi利用時に注意することです。

  • 信頼性の高いアプリ以外のインストールは避ける
  • アプリは必ず公式ストアからインストールしましょう。
    公式ストアにも悪質なアプリが紛れ込んでいる可能性はありますので、リリース元が信頼できる会社であること、利用者の口コミや評判が良いこと、が見極めのポイントです。

  • フリーWi-Fiは極力使用しない
  • データ容量などを考慮するとフリーWi-Fiは非常にありがたいものですが、不審なフリーWi-Fiは利用しないようにしましょう。また、フリーWi-Fi利用時には、不正アクセスのリスクがありますので、できる限り利用を避けましょう。

スマホがハッキングされている兆候

スマホに対するハッキングは巧妙化していますので、チェックしているつもりでもなかなか気が付かないことも珍しくありません。
以下の兆候が見られた場合には、特にハッキングされていないか注意しましょう。

  • 電池の消耗が急に早くなった、データ通信量が急に増えた
  • スマホの動作が重くなった

スマホハッキングの対策

予防法の他に、以下の対策がスマホハッキングには有効です。

  • セキュリティ対策アプリの導入
  • 身に覚えのないアプリのアンインストール
  • SNSやフリーメールのログイン情報のチェック

これらの対策により、いち早く不正に気付くことが重要です。

特に身に覚えのないアプリがインストールされていた場合には、そのアプリから個人情報やスマホの情報が漏洩している可能性があります。アンインストールするとともに、クレジットカードが不正利用されていないか否かなど、状況確認を急ぎましょう。

対策をしても不安な場合

スマホ端末のハッキング対策を施しても不安の残る方は、以下の対策を検討してみて下さい。

(スマホ端末の対策)

  • 端末のオールリセット
  • 機種変更・MNP

スマートフォンへの不正アプリの埋め込みの場合は、問題となるアプリを削除すれば問題ありませんが、どのアプリに問題が生じているかわからないこともあると思いますので、端末を初期化することで確実に問題のあるアプリを除去できます。

(ネットワークの対策)

  • SNSやフリーメールのパスワードの変更
  • ルータのセキュリティ対策

SNSやフリーメールのパスワードが流出してしまったり、解読されてしまったりした場合、パスワードの変更が必須です。
パスワードを変更しない限り、アプリを除去しても不正ログイン可能な状態が存続してしまいます。

また、家庭内でルータを使用されている方は、ルータに対してセキュリティ攻撃が仕掛けられるケースもあります。特に古いバージョンのものを使用されている場合には脆弱性がみられる可能性が高いので、状況を確認してみましょう。

3、まとめ

この記事ではスマホのハッキング対策について解説しています。

スマホのハッキング手口としては、アプリ経由のものとWi-Fi経由のものが主流です。

したがって、アプリのダウンロード時、Wi-Fi接続時のセキュリティ対策が特に重要なポイントになります。アプリもWi-Fiも原則としては安心して利用できるもののみを利用するようにしましょう。

対策としては、セキュリティアプリ導入の他に、身に覚えのないアプリのインストールやログイン状況のチェックなどが有効です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です