ハッキングから会社情報を守ろう

手口と対策(ウェブカメラ編)

手口と対策(ウェブカメラ編)

ネットワークに接続している機器はもれなくすべてハッキング被害にあう可能性があります。例えば、監視カメラなどに用いられているウェブカメラについてもハッキングのリスクがあります。

ウェブカメラのハッキングによる典型的な被害はプライバシーの侵害ですが、他にビジネスの機密を盗み見る行為や監視カメラの監視を無効化する行為などが起こりえます。

今回の記事では、ウェブカメラのハッキング対策について紹介します。

▶目次

1、ウェブカメラのハッキング手口とは

手口と対策(ウェブカメラ編)

ウェブカメラのハッキング手口については主に二種類の手法が考えられます。

単体でネットワークに接続しているウェブカメラの場合

単体でネットワークに接続しているウェブカメラの場合は、以下の手法によりハッキング被害にあう可能性があります。

  • アカウント乗っ取りによる管理画面への不正アクセス
  • OSの脆弱性を狙った不正アクセス
  • DoS攻撃によるウェブカメラの無効化

ウェブカメラの場合はPCやサーバと比較してどうしてもセキュリティに対する意識が低くなりがちです。
ネットワーク接続する場合に、初期パスワードから変更がされていない場合、第三者に管理画面を乗っ取られてしまい、世界中に公開されてしまう可能性があります。

実際に、パスワードの変更がされていないウェブカメラの映像を公開しているサイトが存在し、日本国内のカメラの映像も2,000点ほど不正に公開されています。

PCと接続して利用しているウェブカメラの場合

PCと接続してネットワークにつながっているウェブカメラの場合には、以下の手法によってハッキングがなされます。

  • PCをマルウェアに感染させる
  • PCやアプリケーションの脆弱性を狙って、ハッキングを仕掛ける

こうしてPCに対してハッキングをすることで、映像を不正に盗み見されたり、管理画面に不正侵入して不正操作を行われたり、といった被害が生じます。

2、ウェブカメラハッキングの対策

手口と対策(ウェブカメラ編)

ウェブカメラハッキングの対策について解説します。

ウェブカメラハッキング対策

ウェブカメラのハッキングを防ぐには以下の方法が有効です。

  • パスワードの変更・複雑化
  • ネットワークカメラのパスワードは、必ず初期設定から変更しましょう。ネットワークカメラに限ったことではありませんが、複雑なパスワードほど不正アクセスがされにくくなります。

  • OS、アプリのアップデート
  • ネットワークカメラやカメラと接続したPCのOS、アプリをアップデートして脆弱性対策をしましょう。

  • 不要なカメラは外す
  • 本来、監視カメラはセキュリティを高めるためのものですが、不要なカメラを接続していると逆にセキュリティリスクが高まります。
    不要なカメラは取り外すか、カメラのレンズをふさいでおきましょう。

ネットワークカメラのハッキングは被害者の気が付かないうちに、インターネット上やハッカーのPC上でカメラの映像が盗み見られていることにあります。

リスクに気が付きにくいという点を把握し、できる対策を徹底しましょう。

ウェブカメラのハッキングリスクの増大について

ウェブカメラを悪用したハッキングは、今後ますます広がっていく可能性が高まっています。

監視カメラとしてのウェブカメラだけではなく、カメラ機能とネットワーク接続の両方の機能を併せ持つ機器が増えているからです。(PCやモバイル、スマートテレビなど)

個人所有のスマホのハッキング対策についてはスマホの対策はアプリとWi-Fi!にて解説していますが、スマートフォンのカメラがハッキングされた事件は日本でも多く報道されています。

アプリを悪用し、カメラを勝手に起動させ、写真や動画を撮影して盗撮や盗聴をするハッキング行為です。

こうした盗撮・盗聴行為は、本来セキュリティのために監視カメラとして活用すべきアプリを悪用するケースもあります。ウイルスチェックだけではなく、身に覚えのないアプリには十分に注意が必要です。また、これらの手口として、被害者が普段使用していない解約済のスマホ端末が利用されるケースもあります。

3、まとめ

ウェブカメラのハッキング対策について解説しています。

ネットワークに接続している機器はすべてハッキングの被害にあうリスクがありますが、ウェブカメラはそうした機器の一つです。

映像を盗み見られてしまったり、必要な監視機能を利用できなくさせられたりすることで、二次被害、三次被害につながるリスクもありますので、OSの脆弱性対策、パスワードの強化など、必要な処置をしっかりとりましょう。

また、スマートフォンやPCのカメラで不用意に写真や動画を撮影しない姿勢も重要です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です